【雇用・労働】雇用調整助成金「よくある質問」(2020年5月11日時点版)

雇用調整助成金「よくある質問」が更新されました(5月11日時点版)。 👉https://www.mhlw.go.jp/content/000625730.pdf ①中小企業が解雇を伴わない場合、助成率を特例的に10分の10に ②在宅勤務(ステイ・ホーム)に対応し自宅での教育訓練も可能に ③風俗関係事業者も対象に ④過去に労働保険料の滞納や労働関係法令違反があった事業者も対象に ⑤…

続きを読む

【雇用・労働】非常勤の教職員の報酬について

 学校現場で働く非常勤講師(学校用務員、給食調理員)の方も、新型コロナのために休校となっても業務を行わせることを要求して、報酬を支払うように求めることができます。  文部科学省は「一斉臨時休業に関するQ&A」で「授業がない場合であっても、休業中の学校においては引き続き、非常勤講師については授業準備、年度末の成績処理や児童生徒の家庭学習の支援、学校用務員の場合は学校施設の修繕、教職調理員の場合は…

続きを読む

【雇用・労働】休校に伴う休業補償

 休校に対応して(1)従業員(アルバイト等を含む)(2)業務委託契約で仕事をする個人―に対する厚労省の補償制度があります。  小学校だけでなくフリースクールの休校、保育園や学童などの登園自粛要請、休校でなくても子どもの風邪症状や濃厚接触などのために仕事を休んだ保護者も対象になります。親だけでなく祖父母なども対象です。  子どもの基礎疾患のために仕事を休んだ場合も含まれます。対象期間は2月27…

続きを読む

【雇用・労働】新型コロナウイルス感染症に関する母性健康管理措置の新たな規定について

 新型コロナウイルス感染症の感染が拡大する中で、働く妊婦の方の母性健康管理を適切に図るよう、5月7日から新たな規定が設けられました。妊娠中の女性労働者が、感染への心理的なストレスが母体又は胎児の健康保持に影響があるとして、主治医や助産師から指導を受け、それを事業主に申し出た場合は、事業主は、この指導に事ついて必要な措置(例:作業の転換、出勤の制限など)をとる必要があります。母性健康管理措置を求め…

続きを読む

【雇用・労働】雇用調整助成金“よくある質問”、2020年4月27日、厚労省が更新

厚生労働省が「雇用調整助成金」のQ&A(よくある質問)を4月27日、更新しました。 👉https://www.mhlw.go.jp/content/000625730.pdf ■ 労働者の賃金の最大10分の10まで補助対象になる枠組みに拡充!(従来の休業手当は賃金の10分の6) ■ 「教育訓練」の加算が拡大されるとともに、自宅での教育訓練が可能に!(在宅勤務に対応) ■ 雇用保険被保…

続きを読む