【くらし支援】奨学金の返済猶予・減額返還

日本学生支援機構の奨学金返済が難しくなった人は、返還猶予や減額返還が今月からできるようになりました。 5月分の書類到着の締め切りは12日です。13日以降は6月分からになります。 貸与型奨学金を返している人で、年収300万円以下の人は返還猶予、同325万円いかのひとは返済額を1/2や1/3に減らすことができます(給与所得者の場合)。 5月から収入が減り、1ヵ月分以上の直近の収入で計算…

続きを読む

【くらし支援】税金や公共料金の支払い

 2月からの一定期間(1カ月以上)で、収入が前年同月比で20%以上減少した場合、納税が原則1年間猶予されます。担保は不要で、延滞税は全額免除。固定資産税などの軽減も。電気・ガス・水道など公共料金については、3月25日から支払い猶予の受け付けが始まっています。問い合わせは、税務署、市区町村、各事業者へ。(「しんぶん赤旗」5月6日付)

続きを読む

【くらし支援】公営住宅の提供(※5/20追記)

【北海道道営住宅】  新型コロナウイルスの感染拡大の影響で2月以降に解雇されて社員寮・社宅などの住宅から退去を迫られた道内の居住者が対象。2021年3月31日までを使用期限とし、住宅使用料は月額4800円、敷金は不要、駐車場使用料・光熱水費・共益費などは入居者負担。対象となる道営住宅の一覧は道のホームページを参照。http://www.pref.hokkaido.lg.jp/kn/jtk/co…

続きを読む

【くらし支援】UR住宅からの立ち退き要求に対して

家賃を支払えなくなった入居者へ、UR(独立行政法人都市再生機構)が立ち退きを求める訴状が送られていたことが東京で発覚。 日本共産党・小池晃参院議員が立ち退き強制はやめるよう求めたのに対し、赤羽一嘉国交相は「平時のルールと今回のような感染症の状況は違う。国交省としては、いま居住されている方が、コロナ感染症の件で居住できなくなるような事態は最大限避ける努力を尽くす」と答えました。 (2020…

続きを読む